FC2ブログ

新入社員研修☆パート2



こんにちは!

最近、会社の夢ばっかり見ることが悩み、hakkai㈱の中林です。

寝ても覚めてもお仕事お仕事!!
私、会社が大好きみたいですね~~~~~(笑)




それでは、今回も、
新入社員研修2015』について、ご紹介していこうと思います♪



前回も少し書きましたが
今年の研修は”hakkaiのものづくりの流れ・基本を学ぶ”がモットーです。


そのため、ものづくりの流れに沿って各部署を回って研修を受け
それぞれの仕事の役割・大切さについて、学んでいきます。





今回は
営業』~『金型設計』~『金型製作』までをご紹介しようと思います♪





まずは、最初のステップ!
「お仕事を取ってくる!!」 営業チーム研修です。




営業チームは、会社の窓口、仕事の源です。
お客様から 「こういう製品を作ってほしい!」 というお話を頂いてきて
hakkaiの仕事をゲットすること、がお仕事です。

研修では、お客様に提出する見積りの考え方や、
お客様に会社の工場を案内するときの対応方法を学びました。


6月頭には、実際にお客様の会社へ訪問する研修を行います!!
こちらもドキドキ&楽しみですね(*^_^*)




次に、仕事をゲットしたあとの、製品生産の準備の第一段階。
金型設計チームの研修です。



プラスチック製品を、大量に作るためには
『金型』と呼ばれる、金属でできた型が必要です。
(たい焼きをたくさん作るための、鉄板の様なイメージです♪)



その金型を作るためには、金型の設計図が必要です。
それを行うのが、金型設計チームのお仕事です!!





この仕事で大事なのは、”立体把握能力”です。
ひとつの図形を、いろんな方向から見たときに、どんな形になるのか。


 三次元のものを、二次元で表すとどう見える?
 二次元のものを、三次元で表すとどう見える?



普段の生活では、あまり考えないことですが
設計というお仕事で必要となる考え方を、自分の手を動かして学んでいきます。







そのあとは、実際の設計を行う
設計専用ソフト、「CAD」に触ってみました!





学校で学んだことがある人、はじめてCADを使う人、様々ですが
自分で描いたものが形になっていくさまは、とても面白かったようです!!







そのあとは、できあがった金型の設計図を元に、実際に金型を作っていく
金型グループの研修です!




金型は、hakkaiの精密なプラスチック製品を作るための、大切な道具です。
金型の出来上がりが良くなかったら、それを使って作るプラスチック製品が、良いものになるわけはありません。


つまり、hakkaiで作る製品が
精密で、微細で、精度が高いと言われるのは
この金型を作る技術が高い!!というのが大きな理由の一つなのです



その金型づくりの技術を学ぶべく
実際の加工の仕組みや、機械の使い方を学びました。




初めて聞く話、初めて見る機械、新しい知識がどんどん増えていきます!!





先輩社員の話を聞き、メモを取る姿も真剣そのものですね☆





このように、新入社員のフレッシュな姿、興味関心の高さを見ると
先輩社員も、初心を思い出し、良い刺激になっています。
また、新人から思わぬ発想や質問が出てくれば、先輩社員の新たな気付きになることもたくさんあります。


そういった意味で、新入社員研修は、
新入社員の為だけでなく、社員にとっても、大変良い機会になっているんですね☆




今回は、
営業』~『金型設計』~『金型製作』までをご紹介しました。




次回もまた、新入社員研修の続きをご紹介します♪おたのしみに~


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ページの先頭へ戻る